名古屋市の学習塾「早稲田進学セミナー」のウェブサイト

成績を上げ続ける!本当の勉強の仕方2 – 勉強スタイルを確立しよう!

前回の記事 : 成績を上げ続ける!本当の勉強の仕方1
勉強で大事なことはなんでしょうか?「量」「時間」?もちろん大切ですが、もっと大事なことがあります。
それを追求することが、勉強して行くことなんです。

勉強で大事なのは量

中学生くらいから「テスト勉強」というものを、自主的に行うように学校に指導されているかもしれません。学校によってはテスト勉強のスケジュールを提出させるところもあるようです。スケジュールを立てて勉強する上で、大事なことはなんでしょうか?それは沢山の量を、沢山の時間を掛けて勉強を行う、ということではありません。

もちろん、ドリルや問題集などを沢山こなした方が勉強にはなるでしょう。しかし、中学生ともなると勉強や生徒会など、何かと時間が取られてしまい、家に帰って何時間も勉強!というのはあまりにも難しいのではないでしょうか?そういった時に、ただただ長く勉強をすることは上手な勉強の仕方とは言えません。勉強で大事な事は量や時間ではなく、勉強の「質」なんです。

 私たちは暗記した、と思う事でも端から忘れて行ってしまいます。昔の事になればなる程、その詳細な部分は忘れて行ってしまうものです。勉強でもこれは例外ではありません。暗記をするにしても、問題を解くにしても、長時間行えば勉強になったというものではなく、一回、二回などの短い時間でどれだけ忘れない暗記ができるか、どれだけ同じ間違いを繰り返すことのない問題の解き方、答え合わせができたか、ということが大事になってきます。

 勉強をした時間で競う意味はありません。勉強はした時間で、成績が上がるものではないからです。大事なのは、使える勉強時間を最大限に遊行活用して成果をあげることです!

「質」の高い勉強はどうやって行う?

 皆さんに、勉強で大切なことは「質」の高い勉強の仕方をすることだ、と書きました。では、どうしたら質の高い勉強ができるのでしょう?いくつか方法はありますが、大事な事は「集中する」ということです。以前、「集中する為に勉強する方法http://waseshin-o.xii.jp/studyhacks/001-001/」を書きました。そちらも見てほしいのですが、ここではそちらで紹介していない方法を書きたいと思います。「当然だよ!」と思うことがあるかもしれませんが、今一度初心に戻って自分の「勉強スタイル」を見直してみて下さい!

集中できる「環境」をつくろう!

あなたは家ではどこで勉強しますか?リビング、自分の部屋、色々あると思います。勉強する時に大事なことは「勉強以外しない」ということです。リビングではテレビが見える席に座らない、音が聞こえる時は耳栓などで音を防ぎましょう。(耳栓は100均でも購入できます!) 自分の部屋では、机の上にマンガなどを置いていませんか? 目に入るとついつい手に取ってしまいたくなります。ケータイやスマホも近くにおいてあったり、ポケットに入っているとメールが来るたびに確認したくなってしまうものです。そういった勉強から集中を切らしてしまうモノをとことんなくしましょう!

 人間は、ついつい楽しい方向に逃げてしまいがちです。最初からそういったものを手の届くところに置いておかないことは、勉強を邪魔されない一番の予防方法になります。

今回はここまで!次回はもう少し「質の高い勉強スタイル」をつくる具体的な方法をご紹介します。

タグ:,

コメントを残す

ページトップへ